芸能界デビューしたいなら近道になるレッスンを探そう

デビューしたいジャンルがはっきりしている場合

お笑いを目指すなら

数あるジャンルの中でも、お笑い芸人に絞った場合は、養成所にいる間に舞台に立つチャンスがある所を選ぶのも近道の一つかもしれません。
超メジャーなのが吉本興業が運営しているNSC(吉本総合芸能学院)でしょう。
1年間通い卒業した後は、吉本のタレントとして所属することになります。
もちろん、養成所に在籍している間に目立った功績が無ければ、タレントとして事務所に所属していても、仕事はほとんどない訳ですから、面白い同期の中でさらに目立つ努力が必要になります。

また、お笑いタレント事務所の人力車が運営しているスクールJCAも、アンジャッシュやドランクドラゴンなど、多くの芸人を輩出している養成所です。
卒業後は別途費用が必要になることやスキルも要求されることから、全ての卒業生が人力車所属になれるわけではないようです。

俳優を目指す近道とは

俳優ひとつをとっても、舞台中心か映画やテレビドラマのような映像作品を目指すのか、はたまた声を使う声優なのかで選ぶべき養成所やスクールが変わることもあります。
聞き取りやすい声でセリフを伝えるということで、演じることに差はあまりないのですが、人脈という面では異なってきます。
近道ということであれば、活躍したいと思うジャンルのネットワークに強い所へ身を置くことが賢明です。
舞台中心であれば俳優座や文学座といった歴史のある劇団が設けている養成所(研究所)で、レッスンを受けるということになりますが、一人前になって実際に舞台に立てるまでは数年~と時間がかかるのが一般的なようです。
一方、映像作品などのオーディションにどんどん参加させ、デビューの機会を創出させている養成所として有名なのは劇団ひまわりでしょうか。
NHKから民放送各社のドラマのエンドロールで見ない日はありませんね。


この記事をシェアする